携帯電話ブルブル症候群

携帯電話はあまり好きではないし操作も不慣れなのですが、
このご時世携帯電話を持たないわけにもいかず、
とりあえず仕事中は胸のポケットに入れ、
プレイベートではズボンのポケットに入れています。

とはいえ、友人&知合いの少ない私は、
一日に何回も携帯が鳴るようなことは滅多にないんですけど(苦笑)

最近、携帯電話がなったような気がしてポケットから取り出すと
なにも着信がなかった、なんてことが一日に何回もあるんです。
確かにポケットが「ブルッ」ってなったのに・・・。

壊れてるんやろか、と嫁さんに聞くと、嫁さんもそういうことがあるそうな。

へぇ~っと思って検索してみるとそういうことってあるんですね。
「幻想振動症候群(phantom vibration syndrome)」といって、実際には振動していない携帯電話が、電話の受信やメールの着信によって振動したかのように錯覚すること。現代人に現れる感覚なのそうです。

現代人からは程遠い昭和のおやじな私ですが、少々時代の波に乗ってきたのか(喜)

携帯電話がなると、何をしているときでもすべての行動をキャンセルして電話に出る人がいます。
特に自動車の運転中。
運転しながらの携帯電話は道路交通法違反だから、・・・・・・でも電話に出なきゃ。
いきなり路肩に寄って急ブレーキ。
もっとすごいのは、そのまま停止なんてものいますね。
道の真ん中に停まっていて、何してるんだろうと追い越し中に覗いてみると、携帯中。
「バカかお前は!ぅボケェェ!!」
と窓を閉めたまま怒鳴る私(とても窓を開けては言わない私)
こういうのも現代病なのかしら。

コメント

  1. さとし より:

    ぉお!
    私もたまにそれになります。
    胸ポケットに携帯入れてると「ブルブル」ってなった気がして・・・
    見るとメールも着信もないんです。
    どうしてかなぁ?と思っていたら・・・・
    ぐっちさんの記事で解決しました。

    現代人は携帯電話が当たり前になりましたね。(私もそうです。)
    携帯電話がなかった昔・・・
    寒い季節、暑い季節関係なく
    家で電話が出来ない時、公衆電話をよく使いました。
    先に長電話している女性を睨みながら「早く電話終われよ~」と待っていた時代・・
    今思うと懐かしいです。
    私が若い頃、風呂なしボロアパートに住んでいた頃も懐かしいです。
    「赤ちょうちん」の歌を思い出しました!(笑)

  2. ぐっち より:

    > さとしさん
    ご無沙汰しています。

    今日も携帯電話が鳴らんなぁ、と思ったら、今度は電池切れでした(爆)
    パソコンはそれなりに使いこなしていると自画自賛しているつもりですが、
    携帯電話はどうも使い慣れないですね、もっぱら電話&メール受信がほとんどですわ。

    おやじの限界がみえました!

  3. うーたん より:

    わたしもあります。
    カバンの中で鳴っている様に感じて、でも見てみると全然着信なかったり。
    ホント不思議ですね。

    でもみんなそうなら少し安心しました。

    • ぐっち より:

      > うーたんさん
      僕も安心しました(笑)
      症候群とかいうとなんだか病気みたいでイヤですよね。
      若い人でもあるんですね。
      あぁよかった。