越前陶芸まつり(2010)

毎年5月の最終土曜日曜月曜日に開催される「越前陶芸まつり」。
今年も行ってきました。

さすがに朝一番はボチボチの賑わいでしたが、
期間中約10万人の人が訪れるというのですから大変なイベントです。

会場メインの通路の両側には各窯元が自慢の越前焼きを並べ、
この期間中は市価の2,3割も安く直接窯元さんから購入できるのです。

見るからに高そうな壺や花瓶などもありますが、
私的には、実用的なお皿や茶碗、湯のみなどに目が行きます。
焼き物というと和風な感じが思い浮かびますが、
パスタ皿やグラタン皿のようなちょっと洋風なデザインのものもあるし、
窯元さんも年配の方は厳かな焼き物であったり、
若い窯元さんは、アイデアに富んでいて、
今風のセンスを焼き物に取り入れているようなそんな感じです。
同じ越前焼きでも窯元さんの個性が現れるんですね。


こんな箸置きなんかも楽しいですね。
クッキーのように型で押して焼いているんでしょうけど、
一つ一つが微妙に少しずつ違っていて手作り感たっぷりです。

我が家は毎年必ず何か買って帰るのですが、
今年は、
☆お猪口
☆そば猪口
☆湯のみ
☆焼酎カップ
☆梅酒カップ(焼酎カップですが私の梅酒用のカップです。)


↑はお猪口、1個100円です。
これでお酒の味もさらに美味しくなること間違いなし。

スポンサーリンク