福井県 県別ランキングで最下位

全国の統計をランキングするサイトを見ていたら、
あらら、福井県が47都道府県で47位の部門がありました。

★完全失業率(2009年)・・・・・47位:福井県(新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

これを最下位と呼ぶのか・・・・・。
要するに失業している人が少ないということですよね。
いいことじゃないですか。
就業率がいいというか就職率がいいというか、
それなりに働き口があるということでしょうか。

今年3月時点での福井県管内のハローワークでの有効求人倍率は
  ☆敦賀1・21倍
  ☆小浜1・10倍
  ☆福井0・69倍
  ☆三国0・53倍
  ☆武生0・52倍
  ☆大野0・46倍
となっています。嶺北地方では1.0倍を大きく下回っていますが、嶺南地方は1.0倍を超えています。原発関連かなと簡単に考えてしまいますが・・・。失業率が低くて有効求人倍率が高いなんて、なんと良い県じゃないですか。そりゃぁ都会に比べれば、所得水準も低いかもしれませんが、職がないよりはあったほうがいいですよね。

このサイト、見ていると結構面白い。
そのほか福井県の関連では(福井県);

★共働き率:1位(58.15%)
★衆議院比例代表:自民党得票率:1位(181681票)
☆歯科医師数:47位(387人)
☆トマト生産量:46位(1940トン)

おっ、トマトの生産量が少ないようだ。
頑張ってミニトマト育てないといけませんなぁ