コンパニオンプランツ

「コンパニオンプランツ」って知ってますか?

あぁ、あの宴会の時に隣に座ってくれたりする・・・・
それ、コンパニオン・・・(シネッ!)

コンパニオンプランツとは、一緒に育てるのに相性の良い植物のことです。
(えらそうに言っててもネットで学んだのですが)

複数の相性の良い植物を一緒に育てることで、
お互いに良い影響を与え合って元気に育ったり、
病害虫を抑える効果が期待できるなど、大きな利点があるそうです。

いろんな相性の良い組み合わせがある中で、
今年やってみたいのは、バジルトマト

バジルとトマトは一緒に食べても合うんですが、
育てるときもかなり相性がいいのだそうです。

例えば、バジルは水を沢山吸収しますが、
トマトは水を少なくして育てると甘くなるので、
バジルが余分な水分を吸収して、トマトを甘く美味しくさせる・・・。

また、トマトを害虫から守る。
コナジラミ、ハエ、蚊、アブラムシなどにも効果があるのだそうです。

昨年からバジルを育てているので、
今年は一緒にトマトも育ててみようと思って、
「ミニトマト」を種から育ててみることにしました。

正直たくさんの品種があってどれを買っていいのかわからなかったので、
枝豆同様にタキイ種苗さんのネットショップで推奨品のミニトマト「千果」というのを買ってみました。

家庭菜園2年目、まだまだわからないことがイッパイありますが、
種のパッケージの写真のように鈴なりに上手にできるといいですね・・・。

とりあえず、苗床を作り、本日種を撒ました。