第20回 今庄そばまつり

「今庄そばまつり」へ行ってきました。毎年この時期に南越前町(旧今庄町)の365スキー場のゲレンデを利用して開催されている催し物でですが、去年はなんだかんだで行けずじまいで一昨年ぶり2回目の参戦です。

お祭り自体は今年で20回目の開催。天気も良く、ものすごいお客さんでした。福井方面からだと開場入りまでに1時間程度の渋滞を経験できます(福井では珍しい)。山道1本道なので逃げ道も無く散々待たされてのお蕎麦は格別です。

福井でおそばといえば「おろしそば」。冷たいおそばの上に大根おろしをのせだしつゆで食べるお蕎麦です。だしつゆを麺にぶっかけて食べたり、麺をそばつゆに浸して食べたりといろいろですが、基本は手打ちそば+大根おろし+だしつゆ。蕎麦は大好きな食べ物で、県外でもいろいろと有名どころのお蕎麦をいただくことがありますが、行き着くところは「越前おろしそば」。旨いんです。

このおまつりは、そんなおそばやさんが22軒、スキー場のゲレンデの芝生の上に臨時店舗を構えて自慢の手打ちおろしそばを振る舞います。実際に実店舗も持って蕎麦屋を経営しているお店から趣味が高じてサークル的に蕎麦打ちをしている会まで、今庄そばのお蕎麦でもいろいろなお蕎麦があります。いろんなお店のお蕎麦を食べ歩きできるように、値段も400円/杯と手頃です。もちろん量もそれなりの量ですけど。

最近のプチマイブームは「塩そば」。通常の醤油だしでなくて、塩のだしです。アッサリして旨い。お店では池田町の「一福」とかが有名ですが、比較的めずらしいおそばです。

さすがに地域のイベントですから地域物産の模擬店やステージ上での出し物も人気があります。そばの早食い競争、前川清さんの歌謡ショー、ロッジでは蕎麦打ち体験なども出来ます。お蕎麦だけが目的の私は5杯いただいて退散でした。

スポンサーリンク