自転車レーン

家の近所の県道に自転車専用通行帯「自転車レーン」が出現しました。
道路の側道の約1.5mの幅を青く塗り自転車専用通行帯として利用しようというもの。
新年度を向かえ新しい取り組みが始まったなっという感じで新鮮味があります。
(実際の運用は3月26日から)

自転車レーンの設置というのは県内初ということですが、敦賀高校や松陵中学校、気比の松原等へ向かう県道佐田竹波敦賀線と市道清水松陵線の2本の道路に設置されています。

これは、この路線での自転車利用者が多く、警察庁と国土交通省によりに自転車通行環境を実施する自転車通行環境整備モデル地区として指定されたことによるものです。

私も通勤路としてこの道路を横切って通勤しています。
朝は私の出勤時間と学生達の通学時間とずれていてさほど危険を感じる頃がことはありませんが、夕方はさすがに自転車が多く、突然車道を横切ったり車道にはみ出したりと何度もブレーキを踏む事がありました。(一番危ないのはオバちゃんの自己中な運転なのですけど・・・年輩の方の事故が多いのがうなずけます。)

まだまだ道路面の真っ青のペイントが目にまぶしくなじめないところもありますが、一月もすると雨風&劣化で少しはなじんでくることでしょう。

でも早速路上駐車している自動車も見かけます。

せっかくの安全通行帯ですので、自転車も自動車もルールを守って利用して安全に通行したいものですなぁ。

自転車レーンの設置箇所(pdf)(敦賀市のHPへリンク)

スポンサーリンク

コメント