博多らーめん 田中

福井新聞の折込に入っている「FJ」というフリーペーパー、その中の特集「エフジェイ初登場のお店」の中に気になるお店が・・・・・・。ラーメン屋さんだ。

ラーメン屋と言えば聞きづてならねぇ。帰宅してもまだ日は高い今日この頃。行くぜぃ!場所は福井市花堂。以前「なおなお」というラーメン屋さんがあったところだ。そうかつぶれたのか「なおなお」。まぁ済んだことは仕方がない。このお店に頑張ってもらいましょう。5月7日オープンだ。お店の前にはまだ花輪が飾ってある。初々しいねぇ。

張り紙がしてある。「本日はトッピング、餃子はなし。200食限定販売」。開店時は忙しいからだろうか。カウンター14席、テーブル12席のこじんまりした店内。調度品が全て新しいのは清潔感があってとても気持ちがいいものだ。

記事によると、5年間博多でみっちり修行してきた店主が満を持してオープン、16時間煮込んで作るとんこつスープと特製細麺はらーめん通も納得の本場博多の味。らーめんメニューは、「博多らーめん」「ちゃーしゅーめん」「替玉」のみだ。ちなみに「ラーメン」を「らーめん」とひらがなで表記しているのはこだわりなのか・・・!?

「博多らーめん(680円)」を注文。これが噂に聞いた博多らーめんか。実話の話、本場の博多らーめんを食したことがないのである。九州へは修学旅行で行ったきりなのだ。いわゆるテレビの向こう側の食物である。へぇ~、スープが真っ白なのね、テレビでは見たことがある。

とんこつスープは、すごく濃厚な味を期待したが、意外にさっぱりしている。これだけさっぱりしていると細麺の方が、スープが麺に絡まっていいのかもしれない。替玉(100円)を注文。最初の麺よりも茹で加減が硬めだ。まぁどちらかと言えば、硬めの麺がスキだ。悪くないわ。

しかし、680円は高くないかなぁ。525円で野菜たっぷり&ボリューム満点の8番らーめんに慣れている福井人には物足りない量と値段。さらに替え玉で+100円。なかなかそう簡単にいける値段ではない。顔面蒼白である。なるほど、それでスープが蒼白なのか、ウマイ!

スポンサーリンク