睡眠時無呼吸症候群

ここ数週間、ずっと身体がだるいのが続いていて、仕事が終わって家に帰るとすぐに布団に入ってしまいます。寝ても寝て気がせず一日中眠い感じでボーっとしたを過ごすことも・・・・・・。

どこか内臓系の病気かなと思って病院で血液検査などを行ったのですが、さほどどこかが悪いという結果もでず・・・・・で、先生が「睡眠時無呼吸症候群」の疑いがあるということで、念のため検査をしてみることにしました。

検査キットを貸していただいて、寝る前に検査器具を身体に取り付けて寝るのです。写真がないので説明しづらいのですが、5cm x 10cm程度の小型のメインマシン(計測器)を腕時計の用に腕にマジックテープで軽く固定して、そこから出ているビニールの管を鼻の下にテープで固定(呼吸の回数の測定)、もうひとつ出ている配線を人差し指の先に固定(脈拍&酸素濃度の測定)といった簡単な検査でした。念のため2晩続けて検査してみることに・・・・。

1晩目は慣れないこともあって、気が付けば鼻につけていた管が外れていて、多分データが取れてなかったんでしょうね。2晩目はちょっと頑丈に管を固定してみました。

有効計測時間:約4時間
無呼吸低呼吸数:174回(10秒以上の無呼吸状態の回数)
無呼吸低呼吸指数:約44回/時間
最大無呼吸時間:51秒間

結果:睡眠時無呼吸症候群の疑い濃い・・・・というかそれそのもの。

10秒以上息が止まっているのが、ほぼ1分に1回・・・・・。
さらに最大で51秒間も息をしていないなんて・・・・・・かなりショック!

起きているときにでも51秒間も息を止めているのもツライのに、寝てるときは苦しくもなく息をしていないのですね。そのうちこの時間が延びていって、最終的に永遠に・・・・・・。なんてことにならないようにしないといけませんね。

とりあえずの対策はダイエット。
がんばりま~す。

スポンサーリンク