ウォシュレット

最近トイレの話ばかりで恐縮ですが、食事中の方は食後に読んでください。
てか食事しながら他人のブログ見る人はあまりいないとは思いますけど・・・・・・。

で、「ウォシュレット」ってすごいよね、って話ですよ。

ウチのウォシュレット「TOTOアプリコットシリーズ」は、蓋のオート開閉機能、オート便器洗浄機能がついていて、トイレに入れば自動で便器の蓋が開き、用が済めば自動で流してくれるわけなのですが、まだまだ凄い機能がたくさんありました。

僕は男性なので「おしりボタン」しか使わないわけですが、おしり洗浄でも水の勢いを調整したり、洗浄位置を調整できたりするんですね。今回初めてウォシュレットを使ったわけではないので、腰を抜かすほどの事ではありませんが、かなりのお気に入りは「ムーブ洗浄機能」と「マッサージ洗浄機能」。

「ムーブ洗浄機能」というのは、ノズルが前後に移動して、まんべんなく洗浄します。
「マッサージ洗浄機能」というのは、水勢に強弱をつけてリズミカルに吐水して、スムーズな排便をしやすくします。

リモコンいやぁこれがたまらんのです(エロい意味でなくてね)。
一旦用が済んで、壁掛けタイプの液晶リモコンでおしりボタンを押し洗浄開始とするのですが、さらにこのムーブ&マッサージを押せば、そこにはすばらしい世界が広がるのです。これらの機能のおかげで、さらに奥の奥から御便様が降臨してくることがあるんですよ。ほら、よく赤ちゃんの排便を促すためにおしりに軽く刺激を与えてあげたりするでしょ。あれって小腸&大腸の動きを活性化しているんですってね。ウチの猫ちゃんなんかでも、生まれてすぐだったので、獣医さんに教わっておしりをティッシュでチョイチョイとしたら、出てきましたしね。おかぁさん猫が子猫のおしりを舐めるのもそういう意味なんだって。

嫁さんから聞いた話ですが、隣のオバちゃんっちにウォシュレットを取り付けたとき、マッサージボタンをみて、「どこから手が出てくるンや」と驚いたのだそうです(笑)。んなわきゃぁネェだろ!どんなアルバイトやねん。狭いところに年中閉じ込められて、誰のかもわからないおしりをマッサージするなんて・・・・・、若いオネェサンちなら・・・・、いやぁそれでもイヤですぅ。

最近知ったのですが、普通の後付できる比較的安いタイプのウォシュレットでも、便座の横についている「おしりボタン」の2度押しでマッサージ機能がついているようです。ウチの会社のもそうでした。ちなみに男子専用トイレにあるウォシュレットって、「ビデボタン」が無いところがあるって知ってましたぁ?「おしり」と「止」だけなんですよぉ。うちの会社がそうです。

計画した物量よりも多く排出できたことで、カラダの奥から汚いものをすべて出し切った満足感が心を癒す、そんな感じ。哺乳類の生理的現象をよくもここまで科学したな。もうホント凄くお気に入りです。