トイレのリフォーム

昨年の12月我が家で20人にもおよぶ大忘年会が開かれるということで、以前から考えていた「トイレのリフォーム」をすることにしました。

家自体が20年以上も前に建てられた家のようで、以前のトイレは男子用と女子用に区切られたトイレおまけに和式。洋式トイレに慣れてしまうとどうしてもそちらのほうがよいし、腰痛持ちなので和式は辛い。

で、その区切りを取っ払って洋式のウォシュレット付のトイレを設置することにしました。もちろん床面もタイルからクッションフロアに。将来のことも考えてバリアフリー&手すり付。完璧!

最近のトイレってすごいんですね。
トイレ入口のドアを開けると、人を感知して上蓋が自動で開くのです。
もちろん便座はあったかいぃぃぃ。
用を足してウォシュレット、そして立ち上がるとセンサーが反応して自動で流してくれる・・・・・。要するに何もしなくてもいいんです。手を洗って出て行くだけ。もっと良いクラスになると座ると音楽が流れたりするものもあるらしい。

業者さんによると、乾燥もついているので手洗いも要らない・・・といわれました。でもやはり手ぐらいは洗いましょう。

これに慣れてしまうと、他の場所でトイレに行ったときに流し忘れて出てきてしまうのではないかと急に不安になったりします。