続・越前がに

前記事のコメントで、越前がには地元ではあまり出回らないのでは・・・
といただきましたが、
いやいや地元でも普通にお魚屋さんで売っていますよ。
ウチの近所だと魚屋さんがワゴン車で現れて行商したりもしています。
値段ありきのスーパーでは山陰産とかが多いのかも。
でもやはり茹で立てでジューシーなセイコ蟹はまさにエクセレントです。

先日義母ぁさんにいただいたセイコがにで、
ついに私の物欲に火がついてしまい、自分でも買いにいこうと、
魚市場近くの「(株)相木魚問屋」という魚屋さんへいきました。
相木さんは、その会長さんが「越前かに」の名付け親としても知られる有名なお魚屋さん。

通常は、日曜日には営業しないらしいのですが、
この日は敦賀でのカニの初水揚げの日とあって特別に営業したのだそうです。

店頭はこんな感じでその日に水揚げされた新鮮な魚が並んでいます。
トロ箱に入っていますが、一匹でも買うこと出来るので、
「問屋」という社名ですが、一般の私たちでも気軽に買うことが出来ます。
おまけに安い。

嫁さんにサバいてもらおうと、「はまち」1匹を購入。
500円ですよぉ~、やすぅぅぅぅーーー、信じれんーーー。
お店で食べたら、丸々一匹だと4,5倍の値段がしそうですよね。
今宵自宅で「一杯」が決定です(笑)

道を挟んで対面には、調理場というか茹で場といいますか・・・・。
大量の越前がにが、ズワイもセイコもグツグツとゆでられている途中。
いい匂いが通り中に広がっています。

茹で上がって、食べられ待ち状態のカニ達。
さすがにズワイまでは購入できませんが、
セイコぐらいなら庶民派の私にも何とか手が届きます。

店頭にもいくつも箱に積み上げられていますが、
「茹で立て」限定で4ハイ購入しました。
おまけに800円のセイコを700円におまけしてくれて・・・・・。
おばちゃんキラーのぐっち様の会話術がここで発揮されました。
これぞ、店頭販売の醍醐味ですなぁ。

で、食卓に上がったところ・・・・・・・。
2日連チャンで、越前が二をいただきました。
ほんと、ご馳走様でした。

株式会社相木魚問屋
福井県敦賀市蓬莱町16-11
TEL : 0770 (22) 0645

[googlemap lat=”35.657623148984136″ lng=”136.06706321239471″ width=”580″ height=”350px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]35.657623,136.067063[/googlemap]

スポンサーリンク