藤田智の菜園スタートBOOK

今年の家庭菜園はこの書籍を参考に作業を行っています。

去年はプランタ栽培をおこないましたが、今年は「畑デビュー」です。やはりわからないことだらけ。義母さんは長年の経験からいろいろと教えてくださるのですが、自分としては理論的に理解しながら作業しないと気がすまない部分があって、また言葉で聞いたことでも実際にはどうするんよ、的な細かなことがわからない。

例えば、義母さんが「ボチボチ肥やしやっといたほうがいいよ」といってくださるんですが、どのような肥料があって、どこへどのようにどんなタイミングで与えて良いのか・・・・・。ずぶの素人とはこういうところが意外にわからない。

福井のワイプラザ内のKABOSで家庭栽培に関する書籍を物色していたら見つけたものです。
全くの素人向けの書籍のようで、主に以下のことについて細かく説明されています。
  1.家庭菜園の場所や道具の説明
  2.菜園プランの説明
  3.基本作業の説明
  4.野菜ごとの栽培ポイントの説明

特に基本作業について、写真入りで説明されていて、例えば「畝の立て方」、「種のまき方:①すじまき②点まき・・・苗の作り方」、「肥料の種類&まきかた」など細かな工程ごとの写真が非常にわかりやすかった・・・・・・なんか僕にも出来そうな気がしてきた、そんな1冊です。

さらには病気の対策は勉強になるし、農具の使い方なんて意外に他人に聞けなかったりして、バイブルとまではいかないかもしれませんが、初心者の僕にはちょうど良い内容でした。

ということで、なんだかんだで狭い土地ながら今年はたくさん植えましたよ。日当たりが極端に悪いのであまり期待していませんが、まぁほとんど実験君のようなものです・・・ [:40]

★☆★☆ 今年植えたもの ★☆★☆
ハバネロ
スイートバジル
イタリアンパセリ
枝豆
チンゲンサイ
モロヘイヤ
パプリカ
ズッキーニ

スポンサーリンク