とらちゃん(仮名)・・・

愛猫「まるちゃん」が我が家の家族になったのが2005年。生まれてすぐにウチにもらわれたので、今年の9月で4歳になります。
ニャンコで4歳といえば、もういい大人、青年です。

僕は仕事で家にいないし、今まで家にいた嫁さんも忙しくなってきて、2人とも家を空けることが多くなってきました。まるちゃんはひとりでお留守番。

日頃からあまり構われるのが好きではなく愛想のないまるちゃん、ひとりでお留守番も羽を伸ばしてせいせいしているのかとおもいましたが、さすがに朝から夕方までひとりでいるのは寂しいのか、家に帰ると、今まで見たことのないような甘えっぷりで、ゴロゴロと喉を鳴らしてエサをおねだりするようになりました。

やはり昼間寂しいのかナァ。



以前の記事で紹介した「ねこさま王国」が毎月開催している譲渡会&バザーに参加するようになり、先日一匹のニャンコに出会いました。

保護されたメス猫ちゃん「みやびちゃん」、身重の母猫だったそうです。
そしてまもなく4匹の子猫を生んで・・・・・・。

まるちゃんの弟くんがほしいなぁ、と以前から考えていたので、
一度お見合いしてみることにしました・・・・・・2週間ほど前。

うううううっう、可愛いーーーーーぃぃぃぃぃぃ [:11]
まるの子供の頃を思い出します。

(写真は「ねこさま王国:保護猫日記」からお借りしました)

みやびママ、どこかで大切に飼われていた猫ちゃんなのかなぁ、全く人見知りをしないし、子猫に触ったり抱っこしたりしても怒りもしないし、人間を信頼しているようです。ちゅうかお乳あげすぎぃ~

正直、おかぁさん猫や兄弟姉妹猫がいるのに、コノ子だけ引離してウチの子になってもらうのはかわいそうに思うし、かなり気が引けるのですが、このみやびちゃんファミリーをまとめて面倒見ることはウチにも無理。

そう申し出てくださる方もいないらしい。

いままでも家族や兄弟を離れ離れにするのがイヤで、以前にも可愛い子猫ちゃんを見ては諦めたりしていたのですが・・・・・・。

家族で暮らすのが一番幸せなのはわかりますが、かといってこのまま放っておけばまた路頭に迷うとこにもなりかねないし、それぐらいなら一匹だけでも何とかして力になれればという思いです。

(写真は一時預かりさん「グリママ」さんからお借りしました)

ミルク離れが出来たら我が家に来てもらえるとのことで、ゆっくり気長に待っているところ。
現在はグリママさんのお宅で保護されています。
今ではお見合いしたときよりもずいぶんと大きくなったようです↑↑↑↑↑

名前は「とらちゃん」(にしようかなぁ)。
「『とら』にすると虎みたいになるよ」と言われましたが、
寅さんみたいになるかもしれないじゃないですか(笑)。。。なんてね。

ウチのまるちゃんと仲良く暮らしてくれると嬉しいです。
ごめんね、みやびママ、一生大切に育てますからね [:14]

スポンサーリンク