スイートバジル(Sweet Basil)

今年の家庭菜園の第3弾、「スイートバジル」の種が届きました。

元々イタリアンなハーブを栽培して家庭料理で使いたかっただけなのですが、
ブログ「たつやの感性見聞録」のたつやさんからリクエストいただいたりして、
俄然やる気がフツフツと涌いてきましたので、
美味しいバジルになるように頑張って栽培してみます。
お店のお料理に使ってくださると嬉しいですね。

最近では、バジルなんていうのも珍しくもなく、
近所のDIYショップの園芸コーナーでも普通に売っているんですけど、
やっぱり通販で購入しました。

○播種と生育
窓のそばにおいた播種器や、10~14℃のグリーンハウスにいれたポットやトレイに種をまいて、6mmの厚さに土で覆ってください。霜が降りる心配がなくなったら定植してください。芽は23cm間隔になるように間引いてください。水はけのよい土で、日当たりの良い場所でよく育ちます。

えぇぇぇ~
6mmてぇ・・・、23cmってぇぇぇ・・・設定が細かすぎです。

よく見れば、この種、外国からの輸入品でした。

イギリスの「SUTTONS社」の商品で、
そのままのパッケージに日本語のシールを貼っただけのモノでした。

SOWING AND GROWING
Sow in a propagator on a windowsill or thinly in pots or trays in a greenhouse at approx. 10-15℃ (50-60F) using a good quality compost. Cover seeds with 6mm(1/4″) sieved compost. Grow on, planting out when frost risk has passed 23cm(9″) apart (Germination 14-21 days). Can also be sown thinly direct outside at a depth of about 6mm(1/4″). Grows best in well drained soil in a sunny position. Do not allow plants to flower if leaves used for cooking.

なるほどインチから来てたのね。
それにしてもかなり省略した和訳ですね。

ちなみに、「£1.55」と印刷してありましたので、日本円でおよそ230円。
まぁかったのは450円で買ったんですけどね。
ビジネスとしてはそんなモンでしょうね。
でも600粒入りで日本のものよりはボリュームはありますね。
後はできばえです。

田舎モノですので、アチャラ物にはすご~く弱いんです。
アルファベットが書いてあるだけで、
ブランド品でも持っているような錯覚に陥ってしまいます。
これは最上級のバジルに違いない・・・・・・と勝手に思ってしまうわけです。

バジルの種はこんな感じ。
ゴマのような小さな粒。
こんなに小さな粒があんなに大きく育つんですよね、
自然って凄いなって改めて感動。

これを65cmのプランタに3箇所、1箇所につき4-5粒。
(後に間引いて、1プランタにつき3株にする。)
プランタ×4台=12株

プランタの土は、腐葉土と赤玉土と肥料を混ぜて作るんですが、
ネット等で検索するとそれぞれいろんな割合が書かれている。
でも園芸ショップで買うのは1袋単位、残してもしょうがないしということで、
かなり適当に作ってしまいました。
赤玉土(中粒)6、腐葉土3、鶏糞1、という感じでしょうか。
1週間ほど前から準備したものです(土は作ってから少し寝かせたほうが良いようです)。
ちなみに、栽培する植物によっては、培養土をアルカリや酸性に調整しないといけないらしい。

以上は備忘録

コメント

  1. たつや より:

    マニ★フクさん、恐縮です^^
    たつやもバジルは育てているのですが、
    バジルソースを作るのに結構使っちゃうんですよね^^;
    たっぷり採れたら、石窯でバジルたっぷりピザやパンを
    皆で焼いて食べましょうね^^

    ついでに石窯も作っちゃう?

  2. ぐっち より:

    どれくらい作ったらどれくらい収穫できるかもわからず、
    またたつやさんがどれくらい必要なのかもわからないので
    とりあえず3株/プランタ×4台=12株を
    植えてみました。

    種もまだ残っているし、場所もまだまだあるのですが、なにせ素人なもので検討がつきません(笑)
    必要であれば言ってくださいね。

    石窯もすご~っく魅力的なんですが、
    マメな性格ではありませんので面倒見れないかも・・・・・・。

    もう今からピザやパンが待ち遠しい。
    (まだバジルの芽も出てませんけどぉ [:23] )