2007 ふくい新そばまつり

今年の「ふくい新そばまつり(2007年11月17日~18日)」が開催されています。毎年の私のささやかな楽しみの一つでもあります。17日は蕎麦打ち体験教室、18日は蕎麦打ち名人大会のイベントがあり、2日間通して県内の蕎麦打ち団体による店舗が10店舗ほど出店し蕎麦の食べ比べが出来ます。

私は初日行ってきましたぁ。先着500名様に蕎麦殻の枕プレゼントです。係員から布袋をもらって自分で欲しいだけ蕎麦殻を袋に詰めます。詰め方でお好みの硬さに調整できます。まぁ人間欲張りなもので、こういうときはここぞとばかり、コレでもかというほどつめるんですけど(写真右)。うちの場合は持って帰っても猫のエジキになるのは目に見えていますが。

お蕎麦はおろしそばが各店400円/皿でいただくことが出来ます。安い分ちょっと量が少ないですが、いろいろなお店のお蕎麦を食べ比べできるので、それがひとつの楽しみでもあります。同じお蕎麦でも蕎麦粉の挽き方、打ち方、出汁のとり方で全然味が変わってくるのが面白いところです。私3杯いただきました。ゲプッ。

最初は「丸岡そば振興協議会」のおそば。蕎麦の色が白っぽいです。おろしにわさびと大根を使っているのが特徴的でアッサリしていますが、出汁がちょっと甘めかな。そのバランスが良いのかも。福井県産蕎麦粉の60%は丸岡産だと聞きますので、いわゆる福井スタンダードです。蕎麦湯もついて体も心も温まりました。

2番目にいただいたのは、「越前みやまそば元気の会」のおそば。たっぷりの鰹節がのっていてプラ容器ですが贅沢な感じです。だし汁もアッサリで食べやすく、でもちょっと物足りないかな感がありますが、逆を言えばもう1杯食べようっかなぁって気にもなります。

最後は「今庄そば『リトリートたくら店』」のおそばです。一番長い列が出来ていましたので、興味が出ますね。お蕎麦の色が少し濃い感じがします。いただいた3つの中では一番コシがあってだし汁も甘くなくサラサラ過ぎず、今回の3つの中では1番好きなお蕎麦でした。どのお蕎麦も物凄くおいしいので私のような素人が比較するのも失礼な話でしょうけど、まぁそれは個人の好みということで。ウマカッタ。

どのお蕎麦も新そばの香りがほんのりといい匂いでしたよ。
福井の新そば堪能致しました。

そば打ち教室

↑はそば打ち教室の様子

開催日時:2007年11月17日(土)~11月18日(日) AM 10:00 ~ PM 4:00
開催場所:福井県産業会館 2号館(福井市下六条町103番地)