2008 ふくい新そばまつり

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋・・・・・・・・。
なんといっても食欲の秋、そして新そばの季節。
今年も恒例のふくい新そばまつりが開催されました。
(昨年の様子はコチラ

今年も県内各地のお蕎麦屋やそば打ち愛好家が自慢の腕を振るう店が10店舗。
おろしそばなら450円、天ぷらそばなど温かいお蕎麦は550円。
料金も手ごろですが、量もそこそこ。

こういうイベントですからアチコチのお店をハシゴしたい・・・・。
そういう意味では、これくらいの量と価格はありがたい。

↑ 「池田そば道場」。好みですが、私的には最初に食べたコチラのお蕎麦が気に入りました。新そばの香りと蕎麦のしっかりした歯ごたえがもうたまりません。量は少なめでしたが、蕎麦湯が付いていて温まるおもてなしでしたよ。

↑ 「ごっつおさん亭」。美山のお蕎麦屋さんです。コチラも人気店ですね。商売されているわけですから当たり前といっちゃぁなんですが安心していただけます。

↑ 「ふくいそば打ち愛好会」。一番行列が長かったお店です。人気がありすぎて、蕎麦を茹でるのが間に合わない感じでした。活気があって元気の良いお蕎麦でした。でも急ぎすぎてちょっと温かったです、残念。冷たかったらもっと美味しいのに。

↑ 「スターランド そば愛好会」。大野のお蕎麦です。どちらも福井県産蕎麦ですが、大野というとさらに美味しく感じてしまいます。ダシが独特の味でした。

ということで、なんと4杯もいただいていしまい、なんともいえない満足感。
本当は10店舗完全征服したかったのですが無理。
お腹いっぱいです。

アナウンスで福井のお蕎麦の解説をしていましたが、
「福井のお蕎麦は日本一」だそうです。
私も以前は出張で全国アチコチへ出張したときに
その土地のお蕎麦をいただいたことがありますが、
やっぱり福井のお蕎麦が絶対一番旨い。
そして新そば、サイコー。

食欲の秋、さらに深まります・・・・・・・。