そば処 福そば 陽明店

福そば陽明店店内特製おろしそば

スタンプラリーの2軒目は大野市に行ってみました。「そば処 福そば 陽明店」です。大きな看板が道沿いにあり駐車場も広く入りやすいお店です(別に本店と支店があります)。お店の前にはもう年越しそばの注文を受け付けている旨の看板。そして大野弁でしょうか「ようきておくんねんした」と入り口に。入って右側に製粉室があり、自家製粉&手打ちにこだわったお蕎麦が期待できます。店内も広くゆったりと座れる座席は落ち着きます。

大野の蕎麦を自家製粉
ここ大野は、千メートル級の山々に囲まれた盆地になっており、寒暖の差が激しく蕎麦の栽培には最も適した場所で、昔からの在来種を使ったそばは、味、品質ともに良く県内外に出荷され、地元でも高価でなかなか手に入りません。
そんな大野の中でも上庄産を中心に石臼自家製粉して、大野の水を使い、手打ちで仕上げた蕎麦を召し上がって頂けるのが福そばの特徴です。

友人から聞いた話ですが、大野にはないものが2つあって、それが大野市民の自慢なのだそうです。そのひとつは「有料駐車場」。大野市内には公営駐車場が多数あって、どの駐車場も無料で駐車できるのだそうです。もうひとつには「上水道」。大野市内のあちこちで湧き水が湧くので基本的に上水道は必要がないらしい。そのきれいな湧き水で育った蕎麦を捏ね上げ、湧き水で茹で、さらにはだし汁もつくるのだからおいしさも格別でしょう。
ワクワクします。

メニューには丼物や麺類の組み合わせ等多数ありましたが、もちろんおろしそばです。おろしそばなのですが、100円プラスで特製おろしそばにアップグレードできるということですので、「特製」とか「限定」いう言葉に非常に弱い私は、特製おろしそばを注文しました。特製おろしそばとは1番粉と2番粉だけを使ったお蕎麦だそうです。お店の人に聞くと10割蕎麦ではないということでしたが、おいしいものに間違いなさそうです。

出てきた特製おろしそば、細麺で色も白っぽく上品な感じです。蕎麦の香りも十分です。こちらは付けて食べるタイプなのでしょう、ダシが入った猪口が別に出てきましたが、強引に蕎麦にぶっかけました。福井のおろしそばでもお店によってぶっかけタイプとつけるタイプがあって、どっちがどうだかわかりませんが、私的にはぶっかけが好きです。細麺のわりに歯ごたえがしっかりとしていてコシがあります。蕎麦湯も濃い目で美味かったぁ。

そば処 福そば 陽明店
大野市友江13字
Tel:0779-66-6060
11:00~21:30
定休日:毎月第三木曜日(祭日の場合は、第四木曜日)但し、祭日を除きその他の木曜日は、午後3時まで

スポンサーリンク