さばトラななちゃん

前記事の「大屋台村と物産展@小浜」でみかけたキャラクター「さばトラななちゃん」。
なんとも可愛い。
なんとこの日にデビューしたばかりの小浜市のキャラクターだ。
個人的にはかなり心にヒットした。
彦根の「彦にゃん」にも劣らない、ゆるーい感じがたまらなく良い、癒されるぅ。

ネットで調べてみると早速たくさんの情報があった。
・小浜商工会議所・街づくり委員会が、鯖のまちとしての知名度UPにつなげようと新しく開発したキャラクター。
・キャラクターのイメージは同市白髭(しらひげ)周辺に現れる白と黒のトラ柄の実在する雌猫。
・地元在住のイラストレーター・あだちなおきさんのデザイン。
・制作費は約100万円。
・10月11日に小浜市川崎で開かれた「食と文化の交流フェア」で公式デビュー。

公式設定は以下のとおり。

キャラ
・日向ぼっこや散歩が好きで、人間に頼らない誇り高い生き方をしている。
・基本がお姫様気質のため、抱きつかれたりするのが本当は好きではない。
・ポケットには非常食としてへしこ鯖を携帯している。危機管理意識の高いネコである。
・人間の言葉が分かるので、誉められると大喜び、悪口にはすぐさま反撃する。

暮らし
・御食国若狭おばま食文化館や、JR小浜駅の観光案内所辺りに出没。実在のななちゃんと一緒に、魚屋さんの前で遊んでいたりもする。

特技
・テーマソングに合わせて踊るダンス。 しかしへたくそで見ていられない。
・城下町小浜には迷路のような路地裏が沢山。ネコだけに路地裏の案内はお得意。
・ネコだましパーンチは強力、しかしネコじゃらしには弱い。

好物
・鯖、特に浜焼き鯖やへしこ鯖が大好き。
・プライベートタイムは、薄くスライスしたへしこ鯖で、日本酒をチビチビやっているらしい。

このイベントでデビューということもあって、真新しい着ぐるみでフレッシュ。
早速小さなおこちゃまたちの人気者になっていた。

公表時には、目つきが悪いとかどらえもんバリの4次元ポケットがあるだとかして、かなり叩かれたのだそうですが、私的にはその釣りあがった目がなんとも可愛すぎる。目つきが悪いというよりも独特の個性だね。それこそキャラクター。

2008年10月25,26日に滋賀県彦根市で開催される「ゆるキャラまつり」に参加するそうです。