大屋台村と物産展@小浜

御食の国小浜市、最近ではObamaアメリカ大統領候補を勝手に応援する街として有名になっている小浜市で食べ物のイベントがあるというので、早速足を伸ばしてみた。目指すは、御食国若狭おばま食文化館特設会場(小浜市川崎)である。

小浜市は「御食国」(みけつくに)といって、大昔、朝廷に「御贄(みにえ):天皇の御食」を納めた国である。今で言うところの献上食である。万葉集では伊勢・志摩・淡路などが御食国として詠われている。御食国として若狭小浜を有名にしたのは、若狭と京を結ぶ若狭街道、通称“鯖街道”。鯖街道のルーツは、若狭小浜で獲れた鯖が若狭街道に沿って朽木谷を抜け、花折峠を越え、大原の三千院あたりから京に入る道に運ばれたというところらしい。

最近ではObamaアメリカ大統領候補を勝手に応援してマスコミなどに取り上げられ、さらにはNHKのドラマ「ちりとてちん」の舞台として全国規模で有名になったとか。観光客が増えているのというのだからテレビの力というのは改めて凄いと感じる。

川野夏美歌謡ショーおばまガールズフラダンスさばトラななちゃん

(上の3枚の写真はクリックすると大きくなります。)

ステージイベントも大盛り上がりで、改めて小浜市のパワーを感じた。あの「小浜・おばま・OBAMA」を連呼するあの歌が延々と会場に流れており、軽快なリズムと単純な歌詞ですぐ脳に染み付いてしまいそう。洗脳されてしまうのではないか・・・・。

「地魚七輪焼き」なるコーナーがあって、旬の干物を店頭で購入して、それをそのまま隣の特設テント内で七輪に乗せて食べることができるのだ。なんともかっちょいいアイデアだ。もちろん干物自体も格安で楽しさ満点。こうなるとお酒を片手に・・・といいたいところだが、車の運転のため断念。

物産展といっても小浜の物産・食材だけではなく、全国各地から美味しそうなものが集まっている。
実際にはこれが楽しみだったりして。例えば・・・;
屋台村では;富士宮やきそば(静岡)、丸亀讃岐うどん(香川)、富良野オムカレー(北海道)、奥美濃カレー(岐阜)
物産展では;奈良市、富士宮市、川越市、鳥羽市、洲本市


今回いただいたのはこれ、丸亀讃岐うどん。
隣の小浜市のお蕎麦を尻目にこのうどん屋は物凄い行列である。
そういえば、ここ何年も、うどんかそばかの選択肢の際には100%お蕎麦をいただいていたので、うどんを食べるのはほんと久しぶりとなる。「讃岐」というフレーズに魅かれたのか、やはり讃岐というとシッカリとした歯ごたえ、モチモチとしたボリューム感&ツルツル感。屋台ならでは発泡スチロールの器を両手で抱え、本場で本格的なうどんを食べたい衝動に駆られながらうどんをすする。

今回の屋台村は全体的に量が少なく300円と格安だ。
少なくて安いから、いろんな地方の味を少しずつ楽しむことができて絶対に楽しい。
これは主催者側の意図なのか、だとすると優秀賞だ。