稲刈り


昨日の夜の天気予報で今日の天気=午前中いっぱい雨で降水確率も80%だと。
大嘘つきじゃないか、綺麗に晴れていまっせ。
それどころかここ数日みたことのない快晴だ。

妻の実家には田んぼがあって毎年コノ時期になると稲刈りの召集がかかる。
いつもそのお米をいただいているので、田植えや稲刈りぐらいは喜んでお手伝いさせていただくのだけど、
天気によってはかなり憂鬱になる [:42]

昨年は、前日にかなりの雨が降ったので、田んぼがグッチャグチャ。
稲刈り機もぬかるんで入っていかなかったので、みんなで手刈り決行だった。
稲が水を含んで鎌が切れん。
おまけにボクは左利きなので鎌の刃が逆向きになってさらに切れん。
メタボなボクはその体重が災いして、蟻地獄的に田んぼに飲み込まれそうになって
長靴が脱げない。
こりゃぁ腰が曲がるのは理解できる。
そして頭に血が上る。
かなりの重労働だった記憶がある。
昔の人はみんなこうやって田植えや稲刈りしたんだなぁ。

あまりよくわからないが、どうやら機械もそのまわりの人たちと共同のようで
使う順番があって、晴れた日にやろうというわけにも行かない。
今日がウチの日だ。

っちゅうことで今日は天気予報に反して綺麗な青空。
よかった。
こうなると今度は無茶苦茶暑いっちゅうの。

まぁわがまま言わずに、ありがたいお米のために今日も頑張ろう。
といってもボクの実家は田んぼがないので米作りの要領もわからない。
足手まといにならないように、ちょこちょこと動き回っているだけ。
働いているふり、いわゆる掛け声専門なのだ。
で、今年は稲刈り機が大活躍で、去年のようなことはなくスムーズに稲刈り終了。
めでたしめでたし [:40]
1反(300坪)あったそうだ。
これでまた美味しいお米が食べれる、感謝感謝 [:11]

新米が食卓に並ぶのが楽しみだ [:02]

スポンサーリンク