十円饅頭/小饅寿本舗

妻が職場では小休止中にオバちゃん達が家から持ってきたお菓子を配るのが日課になっているそうです。ある日いただいた十円饅頭がかなり美味しかったというので、興味津々。そうなると一度食べてみないわけにはいかない。

最近はこういう情報はすぐネットで調べることが出来るのでとても便利 [:40] 「十円饅頭」で検索するとどうやら巷では十円饅頭戦国時代の様相。最近首都圏や大都市周辺では数社がフランチャイズで続々と開店しているらしい。

検索して一番最初に「小饅寿本舗」のHP。本社が東京の和菓子屋ですが、各地にフランチャイズがあって、最寄は石川県小松市。妻に聞くと食べたのはこのお店の十円饅頭だそうだ。ようし相手にとって不足はない [:06] 。行ってやろうじゃないの。

そうそう、以前TV番組「とんねるず:新・食わず嫌い王決定戦」で上戸彩がお土産で持ってきたんだ。ライブでヘロヘロになっちゃって楽屋で倒れこんじゃって、でもそんなときでも握り締めていたのが十円饅頭(このお店のかどうかはわかりませんが)・・・そんなエピソードだったような(もしかしたら「TOKIO:メントレG」だったかも・・・)。この番組がキッカケで人気が出たのかもしれませんね。

そんなわけで石川県は小松市アルプラザに到着。アルプラザ小松内にテナントとして入っているのです。少し見つけにくかったのですが、食品売り場そばの一角にポツリと見つけました。

あいにくお昼過ぎということもあって店員さんはランチタイムで外出中。
折角ここまで来たんだから戻って来るまで待たないと。
美味しいものを食べるときには我慢も必要でしょう。

おぉ、これが噂の十円饅頭か [:08]

それはそれは小さなお饅頭。
かわいい一口サイズの黒糖饅頭だ [:29]
価格は1個10円、20個買っても200円、
とってもリーズナブルですなぁ。

値段といい大きさといい、大人数で分けて食べるにはもってこいのミニ饅頭です。会社のオバちゃん連中の昼食後の井戸端会議には最適のお菓子。福井ではこういうのはまだないので、話題づくりにも友人に分けてあげるにもイイですね。

種子島産・沖縄産黒糖を使ったしっとりもっちりの10円まんじゅう
小饅寿本舗の10円まんじゅう『こまんじゅう』は、健康食品として注目されている種子島産・沖縄産の黒糖を使用しています。黒砂糖の風味を生かし、さっぱりと甘く、しっとりもちもちのおまんじゅうに仕上げました。作りたて蒸したての”あったかこころ”で新しい和菓子屋を目指します。 (HPより引用)

黒糖・黒砂糖は、サトウキビの絞り汁をそのまま加熱し濃縮したものを冷やし固めて作られるので天然のカルシウム・ビタミンB1・B2・ミネラルがたくさん含まれているんです。普通の砂糖に比べて甘さも控えめでミネラル分もタップリ。そしてまろやかなこしあん。疲れたときに一口パクっとするとホッとしますよ。さらに10円なんて・・・ [:29]

携帯電話と比べてもこの小ささ。一口でパクパクといただけますよ。

新メニュー塩饅頭も登場していました。これもアッサリしていて旨い&大好きな粒餡。白も黒もいくらでも食べれます。

これは友達にも分けてあげましょう。
黒40個、白30個購入しました。
※容器代が10円/10個掛かります、化粧箱だと+α

HP情報によると、味は変わらないんですが製造時に形が悪くなっちゃったものを「いまいち君」として半額で販売しているそうです。あるときとないときがあるそうです。自分で食べる分にはこれで十分ですね、味はおんなじなんですから。・・・でも聞くの忘れちゃったぁ、残念。メタボ街道まっしぐら [:36]

アルプラザ小松 小饅寿本舗
石川県小松市園町ハ23番地-1アルプラザ小松1F
[:39] 0761-24-8303

スポンサーリンク

コメント

  1. ちいず より:

    先日福井のベルに行った時に、10円まんじゅうのお店が出張販売してました。このお店だったのかな~!買おうと思っていたのに忘れたことに今気がついた!!ボケボケです~。悔しい。
    以前住んでいたところでは「さくら小福」という10円まんじゅうがあり、美味しかったです♪

  2. ぐっち より:

    >ちいずさん
    後になって嫁さんから聞きました。
    同じお店だそうですよ。

    「さくら小福」は宇都宮ですよね。へぇぇぇ [:01]

    最近都会では十円まんじゅうが流行っていて
    いろんなお菓子屋さんで売ってるみたいですが、
    福井ではまだまだ見かけないですね。
    手軽で美味しくてとってもいいんですけど [:40]