Tweet ボタンの設置方法

mixiチェックボタン」や「google +1 ボタン」が設置することがきでれば、
他のサービスのボタンもスイスイと設置できることでしょう。

基本的に、①コードを取得して②サイトのテーマファイル等に貼り付ける、という流れです。
mixiのボタンの場合は、そのサービスを利用するための登録作業に少々手間がかかるということです。

Twitterは、僕の周りでも利用者数がかなり増えていますし、
ブログのように文章の組立てを考えずに感覚的に思ったことをつぶやけるので手軽で楽しいです。

Tweetボタンをサイトに表示しておくと、訪問者はサイトを離れずに、
サイト上のコンテンツをTwitter上で共有することができるのです。

「Tweetボタン」の設置方法
  ・Twitterの公式サイトから「ツィートボタンのページ」へ。

  ・ページ内①で、ボタンのデザイン、ツイートに含ませるテキスト、ツイートに初期表示するURL、
   言語をそれぞれ設定。
  ・②で、ユーザー名、関連アカウントを設定(どちらもオプションですので、
   何も入力しなくても動作します。)
  ・下部のボックス内に生成されているコードをコピーし、
   サイトのテンプレート等の表示させたい位置に貼り付ける。

デフォルトでオプション指定なしだと↓な感じのコードになり、↓↓のようなデザインになります。

<a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-count="vertical" data-lang="ja">ツイート</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>

ボタンのデザインも3種類から選ぶことが出来ますが、独自のボタンを作成してみたい方は、
共有APIのための開発者ドキュメントを参考に自分好みのボタンを作成しても面白いかも。