「ください」と「下さい」

日本語って難しいですねぇ。

事務職ですので文書を書く機会が多いのですが、
最近ではパソコンで思いつくまま打ち込み、
後でゆっくりと編集&修正をするパターンになっています。

昔は手書きでしたので、後で書き直さなくても良いように、
書き出す前から文章の構成とかをよく考えて
慎重に文書を書いていたもんですけど。

そう、だんだんと頭を使わないようになって、
自分でも退化してるっって思うことがあります。
特に漢字を読めても書けなかったり・・・・。

さてさて、それはおいといて、「ください」と「下さい」の違いってわかりますか?
先日客先への依頼文書を書いているときにふと思ったわけなんですが、
調べてみると;

「下さい」 → 物を下さい
「ください」 → 動作をしてください

例;
りんごを下さい。お金を下さい。
送ってください。気をつけてください。

ということなのだそうで・・・・・・
いままで、「下さい」は読み音からくる当て字だと勝手に思っていました。
ふぅぅぅぅぅん、勉強になりました。

スポンサーリンク