日本の「食」は安すぎる

日本の食料自給率は40%を切っていて、残りの60%は外国からの輸入なわけです。そしてさらには外国から調達された食材に添加物などを加え食卓に・・・。

日本の「食」は安すぎる、といわれると自分の中にも賛否両論が出てきます。海外旅行などで諸外国へ行けば、一桁ほど安い価格で美味しいものをいただけたりして、日本は高いんじゃないか!とも思いますし。農家の方の手間隙考えるとまだまだ安すぎるとも思います。

大豆で豆腐が何丁つくれるか、なんて興味がある章もあり、読むには面白い内容で、食や食材に対して今まで以上に興味を持ちました。

豆腐といえば、僕お気に入りの三国町の「きっちょんどん」の絹豆腐、1丁(300g)=210円。コレが高いのか安いのか。福井の大豆100%使用しておからの部分まで食べれる「大豆まるごと豆腐」。単純に言えば美味しければ安い、まずければこんなに高い物はない。ある意味価値観の問題なのかもしれません。

ただ味だけでは値段をつけられないところもあります。シャキシャキの野菜、農薬たっぷりもちょっと嫌ですね。食の安全性的な部分も考えて安いのか高いのか。安いも高いも買う人の判断なんでしょうかね。

実家の両親はもうすでに年金生活。
幸いにも身体は元気で、早朝から魚釣り帰宅して畑で野菜の栽培。
彼らの食料自給率はかなり高い。
見習わなくてはいけないなぁ。

ちなみに前出の「きっちょんどん」の豆腐、Yプラザ新保店では当日賞味期限切れものもは半額になることもありますよ(ちょっとお得!)。

スポンサーリンク