まぐろたたき丼/すき家

最近のお気に入りは、すき家の「まぐろたたき丼」。
すき家の株ホルダーですので、株主優待券として年に2回お食事券を送ってきてくれる。
去年までは2000円×2回/年 だったのが、今年から1000円×2回/年になった。
牛丼戦争と言われている中では勝ち組だと思うんだけど、状況はよくないのだろうか。
それでもリーマンショックの時にグッと下がったときに優待券欲しさに買った株は、
今では、その当時の2倍の値段になっている。

僕は食わず嫌いなこともあって、滅多に新しいメニューを頼まないのですが、
何を血迷ったか、この日はこのメニューが気になった・・・。

出てきてみれば、ご飯の上にまぐろのペーストをのっけているだけ。
それも「いかにも」的に工場で調理されたものをそのままのせただけの機械的なまぐろのたたき。
まるでマルシンハンバーグ(知らない人もいるんだろうなぁ)だ。

まだ牛丼の方が調理されている。
ちょっとほぐしてもうちょっとかっこよく盛り付ければいいのに・・・・・・と文句をつぶやいてみる。

すき家のまぐろたたき丼のHPをみてみると全然違うし。

そしてわさび醤油を、ジョロジジョロと上にかけるだけ。
なんだよ、それでも値段は牛丼よりも高い480円(並)!

と、イラッとしながら一口頬張ると、
箸をスプーンに持ちえてひたすら食べる食べる。
いやぁ旨いのだ。

確かにこれで体は温まりませんが、旨いのだ。