Take Cover

去年の12月にMr.Bigの約14年ぶりとなるオリジナルメンバーによる新譜「What If…」
かなり気に入ったので、通勤車内でヘビロテしていたわけですが、
久しぶりに以前のアルバム「HEY MAN」を引っ張り出してきて聴いてみると改めてカッコイイ!

特にシングルカットされた「TAKE COVER」という曲。超イイ!

ドラム的にもこのイントロのパターンが一曲を通して演奏されていてインパクトがある。
以前はただ単にカッコイイとしか思わなかったのですが、
今回は、ちょっとコピーして練習してみようと思いました。
しかし、これがやたらと難しい。


(実際にはさらにハイハットを8部音符でオープン+クローズしている)

▲こんな感じのフレーズ(tempo=104)。
どの音符も重ならないようにフレージングされたリニアフレーズという技術。
一番下の音符はバスドラム(右足)
真ん中の音符はフロアタム(右手)
一番上の音符はスネア(左手)
そして楽譜には書かなかったけど左足を8部音符で踏んでいます。
間奏では同じ手順で右手をライドのカップを叩いていますね。

PVとは少し違って聞こえるけど、ライブバージョンの映像を見て採譜しました。
右手フロアタムで16部音符2連続する部分の2つ目の音にアクセントをおくとニュアンスが出ます。

さてと、これで1週間練習していますが、やっとテンポ「95」まできました。
最初は左右手&右足だけの組み合わせで練習し、形になってから左足を追加したのですが、
歳とると身に付くのに時間がかかりますね。
ゆっくりのテンポ(70くらい)から徐々に早くしていってなんとか形になりました。
後は焦らずに回数を重ねて徐々にテンポアップしていけば完成。

ただし他の曲への応用は難しいですかね。
でも4ウェイインディペンデンスの練習としてはすごくいいフレーズです。

もうちょっとだ!頑張ろう!

スポンサーリンク