いちろくらーめん

前記事「湯けむり横丁」内にあります「あわらいちろくらーめん」に突入しました。公式アナウンスでは湯けむり横丁の営業時間は18:00~23:00(だったと思う)ですが、以前テレビのローカル番組で宣伝されたときに、ラーメン屋さんはランチタイムも営業している、と聞いたことがあったので、とりあえず確認の電話をして行って見ました。

東京でラーメン修行した店長の下町の味だそうです。楽しみですね。

店内はこじんまりとカウンター7席のみ。「コ」の字のカウンター中に店主がいて、店主とサシで勝負でもしそうなくらい近い。ラーメンは勝負だぁって感じ。屋台風というのがテーマの横丁ですから、そりゃぁそうか。この横丁このスペースのお店が6軒あります。

味が選べます;
■こってりしょうゆ味:がまし醤油を使用してつくられたスープはがっつりとくる旨さ(ちぢれ太麺orちぢれ細麺)、20食/日限定
■あっさりしょうゆ味:店主がラーメン激戦区で修行して辿り着いた東京下町の味(ちぢれ細麺)
■しお味:塩にこだわり、あぶらにもこだわった納得のいくあっさりとした旨さ(ちぢれ細麺)

それを踏まえてメニューは;
★いちろくらーめん(650円); ベーシックな一品。いちろくの本来の味です。
★黒葱らーめん(750円); 揚げネギたっぷり!コクと旨味がきいてます。
★青唐らーめん(850円); 辛いけど激旨!一度食べるとくせになります。
★赤豚らーめん(900円); 旨味のきいたチャーシューがドーンと入っています。
★いちろくづくし(1,000円); いちろくのすべてをつぎ込んだお得な一品です。
★ちっちゃいらーめん(450円); お子様にぴったりなミニサイズです。

青唐らーめん青唐らーめん

僕は青唐らーめんをいただきました。普通のラーメンに刻んだ青唐辛子の小皿がついてくるんですけど、これが激辛&旨い。赤唐辛子が辛いと言われていますが、本当に辛いのは青唐辛子なのだそうです。らーめんに合います。それにこの寒さ、体が温まります。

麺は細麺&ちぢれ麺。醤油ベースのスープによく絡みます。スープの名前が「どんづけスープ」というそうです。「どんづけ」は、どんと(たくさん)鶏、豚、野菜、昆布、りんご、にぼし、さばぶしが大きい寸胴の中につけ込まれているという意味だそうです。醤油は「がまし醤油」というのを使っているそうですが、これがなんだかさっぱりわかりません(ネット検索してもヒットしない・・・マニアな醤油なのか・・・)。

ラーメンと青唐辛子が別々に出てくるのは、辛さを好みで調整できるように。何も気がつかない僕は出てくるなり、全部どんぶりの中へ・・・。まぁ僕は辛党なのでびっくりするほどではありませんでしたが、辛いですので気をつけて!帰りがけに店主が「辛くなかったですか?」って気さくに声をかけてくださいました。僕は大丈夫ですYO!

チャーシューもトロトロで、時間かけて作られているという印象でした。

懐かしい、醤油ベースの心温まるらーめんでした。やっぱり夜訪れたいお店ですね。またの機会に!

スポンサーリンク

コメント

  1. ぐっち より:

    ケーゾーさん、ご指摘ありがとうございます!間違っていましたね、正しくは青唐ラーメンです。訂正しま~す。