どんど焼き

どんど、どんど焼き、とんど(歳徳)焼き、どんと焼き、さぎっちょ、おんべ焼き等地方によっていろいろ呼び方があるようですが、いわゆる左義長です。小正月に行われる火祭りの行事で、お正月に飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って燃やして、無病息災や家内安全を祈願するのです。

僕は福井市の神明神社へ行きました。すこし家から距離があって、家の近所の足羽神社へ行けばいいんでしょうけど、昨年神明神社でお払いしたときのモノがあったので、他の神社で燃やすのも気が引けたのです。気温は寒いですが天気も良く歩いて20分程度、いい散歩となりました。

神明神社は市内でもそこそこ大きめの神社です。露店も数店出ていてさながらお祭り気分。訪れた方が列を作ってお参りしています。凄いですね、こんなに列が出来るなんて。きっと良い神様がいらっしゃるのでしょう。

そしてお正月の飾り物や昨年のお守りなどを火に投げ込み一仕事終わりです。今年も健康で家族仲良くすごせますように。

でもなかには家庭ごみやビニール袋を投げ込む人もいて、まだまだ福井の人のマナーは悪いなぁ。交通マナーも悪いですしね。

ちなみに、廃棄物処理法で野外焼却は一部の例を除いて禁止されていますので、外で物を燃やしちゃダメですよ~。(どんど焼きはその例外のうちのひとつです。)

スポンサーリンク

コメント

  1. ケーゾー より:

    ほんとっすね〜家庭のゴミやビニール袋が写真でもはっきり写ってますね。
    同じ福井県民としてハズイ。。。

  2. ぐっち より:

    福井の人のマナーの悪さは折り紙つきです(笑)。
    最近では苦笑いしか出ませんね。
    と言っている自分も気が付かないところで他人に迷惑かけているかもしれませんけど。なんてったって僕も福井の人ですから。ウッ。