まる金そば

そういえば、最近なんだか忙しくてゆっくりとお蕎麦を食べてなかったなぁ。これだけクソ暑かったらなんも食べる気が起きんし。冷たいお蕎麦でもツルツルっといきたいところです。てなわけで、妻の実家からの帰りに越前市の国道365号線沿い「まる金そば」へ立ち寄ってみました。

どうも武生市→越前市に変わってから土地勘がなくなってしもうた。市町村合併もいかがなものか。どうでもいいことですが私のカーナビ、1997年の地図が入っておりまして10年も前の地図を見ながら走っているわけですわ。もちろんルート検索も旧市町村名で入力しないといけません。まぁ近場はナビ要りませんけど。

お店に入ってすぐ左手にガラス越しに蕎麦打ち場があります。毎日早朝からここでお蕎麦を打ってるんですねぇ、ご苦労様。お客さんから見えるようにガラス張りになっていますが、こりゃぁ絶対照れるなぁ。仕事をじっと見られるのってやりにくくないですか?

店内は明るくてこざっぱり。18人掛けのメインテーブルが客室中央にあって、囲うように周りに小上がり&お座敷があります。60人強ぐらいのお客さんが入れる感じ。比較的新し目のお店なのか調度品も新しい。

いつものようにおろしそばを注文。福井と言えばおろしそば。時は昭和22年、昭和天皇が福井県へお出ましになられた節に、初めて「おろし蕎麦」をお召し上がりになられ、その印象が強かったのでしょうか、皇居へ帰られてからも、ことあるごとに「あの越前の蕎麦・・・、」とお言葉にされたということを関係者から耳にし、以来、皆が 「越前そば」と呼ぶようになりました。そのときに昭和天皇は滅多にされることのない「オカワリ」をされたんだとか(オカワリぐらいしてもいいよね、普通)。

さぁてお出ましの「おろしそば」。田舎風の太麺です。麺のツヤもいいですね。大根おろし入りだしつゆを別の容器で持ってこられると、付けて食べていいのか、ぶっかけて食べていいのか迷うところですが、今回はブッカケで豪快にいただきました。

大根おろしはさほど辛くもなく、共産辛党の私的には物足りない。ドンと来いYO!太麺独特のこれでもかっちゅうぐらいのコシがあるとさらに最高なんだけど。まぁ越前蕎麦にまずいものなし。強いて言えば、これだけ暑いんだから、もう少しお蕎麦が冷えていると麺が締まってもっとコシが出て美味しいんだろうなぁ、と思うのだが。あまり冷やすと蕎麦の香りがなくなるなどという人もいますので、まぁ人それぞれですけど。

所在地 : 越前市今宿町1-2-4
電話 : 0778-24-2315
営業時間 : AM11:00〜PM8:00
定休日 : 毎週火曜日
定員 : 64席
駐車場 : 15台

スポンサーリンク